▼いざという時に迅速円滑に支援を
名張市社会福祉協議会は名張ライオンズクラブ(名張LC)と「自然災害時における災害ボランティアセンター支援に関する協定」を締結し、2月17日、名張市総合福祉センターふれあいにおいて調印式が行われた。
名張LCは、自然災害発生時に市内の被災場所に対し迅速かつ円滑に支援を行うことを昨年の創設45周年総会において決定していたが、昨年8月23日に、ライオンズクラブ国際協会一般社団法人日本ライオンズクラブが全国社会福祉協議会と同協定を締結したのを受け、今回の協定締結となった。
現在、名張LCの会員は39名。建築関係や食料品関係など幅広い業種の会員がいるため、災害ボランティアセンターへの必要な人的支援や物的支援などがスムーズに行える。
名張LC田合豪会長は「全国各地で発生している自然災害に対し、今までも支援を行ってきた。三重県で初めてとなる名張市社会福祉協議会と協定締結することにより、地元名張で災害が発生した時は、車の提供や物資の配給などすばやく対応させていただけると思う」また、名張市社協の奥村和子会長は「大変ありがたい」と感謝の言葉を述べた。



1月9日(土)付

新春メガネ大感謝祭・メガネセンターフジモリ

 

1月1日(金)付

フォトクラブ光影

 

いが再発見 「旧喜多藤」国登録有形文化財に

 


「伊和新聞社」ってただの新聞屋さんなの?
伊和新聞、うちには入ってないんだけどどうして?
などの小さな疑問にお応えしています。
 

2月20日(土)付


▼キャッシュレス決済モデル事業
三重県は、キャッシュレス決済を推進するため、株式会社百五銀行の協力を得て、桑名市と名張市で3月15日まで実証実験を行っている。名張市では赤目地区と青蓮寺地区の10店舗で実施している。同事業は、店舗にキャッシュレス決済を導入し、消費者の利便性や経済的効果などを調べそのデータを分析、その結果をもとに地域の活性化を図ることを目的としている。

▼都市振興税延長住民説明会開催
名張市は11日、市独自課税の都市振興税(固定資産税に0・3パーセント上乗せ)を2023年度まで、3年間延長することについての1回目の住民説明会を市教育センター(百合が丘西5)で開催した。

購読希望の方は、電話(63-2355)かメール
 

伊賀スポ少参与・船岡庄一さん

■20年度生涯スポーツ功労者

地域のスポーツの健全な普及及び発展に貢献し、その振興に顕著な成果を上げた功績を称え、2020年度の生涯スポーツ功労者として、伊賀市スポーツ少年団参与の船岡庄一さん(80)に、文部科学大臣表彰が贈られた。
今年は新型コロナ感染拡大防止のため授賞式はなく、1月27日伊賀市役所で三重県スポーツ少年団宮崎誠本部長から、船岡さんに表彰状が手渡された。...つづき

   
 
 
「善子がのぞく虫と花」近藤さんのHP
「伊賀地方のエゾ語系地名」を読む
 

NEW 2月19日(金)更新 NEW

今週の伊和新聞
今週のトピックス


2月中旬 ご意見・ご感想
---------------------------

ここ名張市内も梅の花が咲き始めました。春はもうそこまできているのかもしれません。それと同時に花粉も飛び始めたようです。コロナ禍もまだしばらく続く状況・・しばらくマスクが手放せない日々が続くようですね・・。


■ ホームページアドレス帳 ■
名張ばりばりタウン
なし 職人大学Run.net
リファイン桔梗が丘・伊賀
なし 行政書士小坂博則事務所
ネットワーク株式会社
湯元赤目 山水園 
志摩スペイン村
※あなたのHPも「伊和ジャーナル」で紹介しませんか?会社、商店に限ります。

いわネット

>>>>> リンクのお願い <<<<<
■リンクフリーですが、必ずトップページにお願いします。 http://www.iwashinbun.co.jp/

■リンク時は必ず下記までご連絡いただきますようお願いします。 press@iwashinbun.co.jp

■著作権法に定められた引用の範囲を超え、当社に無断で「いわネット」の内容・記事を複製、転載、改変、編集、頒布、販売など行なうことはできません。

←バナーです


2月営業日カレンダー 赤は休業日

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
〒518-0710 三重県名張市上八町1482 電話 63-2355  FAX 63-0048  メール press@iwashinbun.co.jp
Copyright 2001 Iwanewspaper.,co. Allrights reserved.