▼マスク1万枚名張市へ・名張環境事業協業組合
名張環境事業協業組合は13日、名張市に使い捨てマスク1万枚を寄贈した。市役所で開かれた寄贈式で福島克己副理事長らが亀井利克市長に手渡した。
福島副理事長は「最近では品不足が少し解消されたといわれているが、第2波が来ることも予想されており、マスクはいくらあってもよいだろうと考えた」と語った。
亀井市長は「何よりのものをいただいた」と謝辞を述べた。
寄贈されたマスクは市内の医療機関や市立病院に配布する。



5月23日(土)付

寄贈マスクを地域へ配布

 

「休校中もがんばろう」

 

いが再発見 No118

 

4月25日(土)付

名張の875種を冊子に

 

名張市からのお知らせ

 

4月18日(土)付

名張市の2施設建物利用者を募る

 

いが再発見 No114

 

■建物火災の発生(令和元年7月17日発表)
■列車事故の発生(令和元年7月9日発表)
■列車事故の発生(令和元年6月4日発表)
.詳細はこちら


「伊和新聞社」ってただの新聞屋さんなの?
伊和新聞、うちには入ってないんだけどどうして?
などの小さな疑問にお応えしています。
 

5月23日(土)付


▼1人10万円給付はじまる
名張市は新型コロナウイルス感染症対策として国から支給される「特別定額給付金」の申請書用紙を19日から各世帯主宛に発送している。近日中に各世帯に届く見通しで、市民は必要事項を記入して返送する。返送を受けた市役所は10日から2週間後に指定口座に振り込む。

▼伊賀市 補正予算案を発表
伊賀市は19日、3か月間の市立中学校の給食費を無償にする費用や売上高が減少した小規模事業者への給付金を盛り込んだ総額10億9874万円の補正予算案を発表した。22日の臨時市議会で審議、採決される。

購読希望の方は、電話(63-2355)かメール
 

名張市の女性画家・飯田淳子さん

■水墨画の大作個展

水墨画というと例えば横山大観のような老大家や枯山水が思い浮かぶが、実は若い女性、女ざかりの女性が書いた風景画や花の衆合、花盛りの絵など多彩である。作品は、普通の写生ではなく、個性がにじむものが多い。名張市の女性画家・飯田淳子さんの画展が伊賀市福居町の「画廊アートスペース」で開催され、多くの作品が展示されて訪れる人を魅了している。...つづき

   
 
 
「善子がのぞく虫と花」近藤さんのHP
「伊賀地方のエゾ語系地名」を読む
 

NEW 5月22日(金)更新 NEW

今週の伊和ジャーナル
今週の伊和新聞
今週のトピックス


5月中旬 ご意見・ご感想
---------------------------

新型コロナウイルス感染症対策による規制の一部解除が公表され、徐々にですが普段の日常が戻ってくることと思います。ですが今後はソーシャルディスタンスをふまえた新しい日常がやってくるともいえます。社会のありかた、人との接し方などの新しい常識が、より良い社会をつくっていくことを願ってやみません。


■ ホームページアドレス帳 ■
名張ばりばりタウン
なし 職人大学Run.net
リファイン桔梗が丘・伊賀
なし 行政書士小坂博則事務所
ネットワーク株式会社
湯元赤目 山水園 
志摩スペイン村
※あなたのHPも「伊和ジャーナル」で紹介しませんか?会社、商店に限ります。

いわネット

>>>>> リンクのお願い <<<<<
■リンクフリーですが、必ずトップページにお願いします。 http://www.iwashinbun.co.jp/

■リンク時は必ず下記までご連絡いただきますようお願いします。 press@iwashinbun.co.jp

■著作権法に定められた引用の範囲を超え、当社に無断で「いわネット」の内容・記事を複製、転載、改変、編集、頒布、販売など行なうことはできません。

←バナーです


5月営業日カレンダー 赤は休業日

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
〒518-0710 三重県名張市上八町1482 電話 63-2355  FAX 63-0048  メール press@iwashinbun.co.jp
Copyright 2001 Iwanewspaper.,co. Allrights reserved.